自分に合ったダイビングショップと託児サービスを探そう

PADIのダイバーズ保険

世界最大のスクーバ・ダイビング教育団体が提供する障害総合保険(2017/06/20)




今回は、「PADIダイバーズ保険」をレポートします。

PADIダイバーズ保険とは、ケガの保証と個人賠償責任、携帯品損害、受託品賠償責任保障がセットになっていて、損保ジャパンが提供する障害総合保険です。

保証金額に応じて、「スタンダードプラン」と「ハイグレードプラン」の2種類のプランが用意されています。

ダイバーズ保険を利用するケースは、水中カメラやレギュレーターが水没したり、ダイブコンピューターが故障したり、自分の携行品が損害を受けた場合です。一般的な損害保険に加入していない場合は、30万円の携行品損害が保証されるスタンダードプランの加入をオススメします。

多くのダイバーは、医療保険に加入されていると思うので、ケガの補償が厚いハイグレードプランは必要ないかも。医療保険に加入していないダイバーにオススメです。

補償内容スタンダードプラン
(月額1000円)
ハイグレードプラン
(月額1980円)
入院日額2000円日額5000円
手術入院保険金の10倍(入院時)、5倍(外来時)入院保険金の10倍(入院時)、5倍(外来時)
通院日額1000円日額3000円
死亡・
後遺障害
90万円180万円
個人賠償責任最高20億円最高20億円
携行品損害最高30万円最高50万円
受託品
賠償損害補償
10万円10万円
救援者費用最高200万円最高200万円

詳しくはこちら






次は、エム・アイ・プランのダイバーズ保険

 1   2   3   4   5   6   6 




関連グッズ

関連記事






沖縄エリアのショップを探す

伊豆エリアのショップを探す

海外リゾートのショップを探す

首都圏のショップを探す

関西のショップを探す

大人の海デートを探す