自分に合ったダイビングショップと託児サービスを探そう

自分に合ったダイビングスタイル

ピザを食べたいのに中華料理屋には行きませんよね?(2017/09/12)




 今回は、自分に合ったダイビングスタイルのショップの選び方をご紹介します。

皆さんは、ピザやパスタが食べたいのに中華料理店には行かないですよね?イタリア料理店を選ぶはずです。

ダイビングも同じです。のんびり潜りたい人はリゾート系のショップを、上手くなりたい人は体育会系のショップを選ばないといけません。オーナーの考え方によって、ショップのダイビングスタイルには、大きな差があるのです。

まず、ダイビングショップを選ぶときに大切なことは、そのショップの「基本スタイル」を知ることです。「基本スタイル」とは、どのようなダイバーをターゲットに、どのような運営体制で、どのようなサービスを提供しているのかというショップのスタイルです。「基本スタイル」は、ショップの「ターゲット」と「経営体制」に応じて、4つのスタイルに分けることができます。

縦軸は、ダイバーのターゲットを示していて、「スポーツ/ベテラン向け」のショップなのか、「観光客/ビギナー向け」のショップなのかに分類されます。

 横軸は、ショップの運営体制を示していて、「大手チェーン/中規模」のショップなのか、「家族経営/個人経営」のショップなのかに分類されます。

 例えば、ライセンス取得やスキルアップをしたいときは「体育会系のショップ」を、のんびりとファンダイビングを楽しみたいときは、「リゾート系のショップ」を選ぶといいでしょう。

のんびりダイビングをしたいのに、体育会系のショップを選ぶと最悪です。本サイトにクチコミされるクレームの多くは、ダイバーとショップのダイビングスタイルのアンマッチが要因なのです。

<ショップの基本タイプ>

1.「体育会系」のショップ
2.「リピーター系」のショップ
3.「リゾート系」のショップ
4.「アットホーム系」のショップ

このサイトでは、ショップの「基本スタイル」がわかりやすいように、星マークの数で、どのスタイルなのかの目安を示しています。どのようなダイビングスタイルのショップなのか、意識しながらショップのホームページを見ると、自分のダイビングスタイルに合っているのかわかりやすいと思います。


次は、1.スキルアップ系のショップ

 1   2   3   4   5 




関連記事



関連グッズ






沖縄エリアのショップを探す

伊豆エリアのショップを探す

海外リゾートのショップを探す

首都圏のショップを探す

関西・九州のショップを探す

大人の海デートを探す





LINEで送る