自分に合ったダイビングショップと託児サービスを探そう

最高の春ダイビングにいこう

春休みとゴールデンウィークにダイビングを始めよう!(2017/03/26)




いよいよ2017年のダイビングシーズンになります。夏のトップシーズンに向けて、春休みとゴールデンウィークの「春ダイビングツアー」を企画しましょう!

伊豆の「春ダイビング(3月〜4月)」は、まだまだ寒いので、初心者ダイバーにはオススメできません。ベテランダイバーにとっては、透明度も高いですし、ダイバーも少ないので、のんびり潜れるシーズンインです。
そして、ゴールデンウィークの伊豆は、とにかく観光客が多くて、道路は混雑しています。熱海、伊東、IOPなどはダイバーで溢れているので、西伊豆・南伊豆まで足を伸ばすといいでしょう。また、日差しは気持ちがいいのですが、まだまだ海水は冷たいので、水に濡れないドライスーツが必須です。
伊豆の海水温(3〜4月):14〜16℃

沖縄の「春ダイビング」も、まだまだ涼しいので、観光+ダイビングがいいでしょう。伊豆と同様、ゴールデンウィークは、観光客が殺到します。唯一、高速道路の大渋滞が発生するトップシーズンです。沖縄本島では、渋滞で宿泊先までの移動時間がかかってしまうので、石垣島や宮古島などの離島がオススメ。海水温は高くないので、海から上がると寒いです。厚手のウェットスーツと防寒具は持って行きましょう。
沖縄の海水温(3〜4月):22〜24℃

そこで、春ダイビングのオススメは、海外リゾートでのダイビングです。ゴールデンウィークや春休みは、日本の連休なので、海外リゾートはそれほど混んでいません(ハワイを除いて・・)。貯金と相談して、海外リゾートへの渡航を企画してみては?

サイパン、グアム:6月まで乾季で、1〜3月の透明度が高い。
パラオ:4月まで乾季で、透明度が高い。
セブ:5月までが乾季


次は、ダイビングライセンスの認定団体の選び方!

 1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   11   12   13   14   15   16   17   18   20   21   22 




関連グッズ

関連記事






沖縄エリアのショップを探す

伊豆エリアのショップを探す

海外リゾートのショップを探す

首都圏のショップを探す

関西・九州のショップを探す

大人の海デートを探す