自分に合ったダイビングショップと託児サービスを探そう

ダイビングライセンスの認定団体の選び方!

日本ではPADIのダイビングショップが多い(2016/04/25)




ダイビングコンサルタントのブルー滝川です。今回は、ライセンス認定団体の話です。

PADIやNAUI、CMASなどの認定団体は、所属しているダイビングショップを介して、ダイビングライセンスを発行しています。ライセンスは、ダイバーのスキルを証明するものなので、ダイビングに行くとショップから提示を求められます。

では、どのライセンス取得団体を選択すればいいのでしょうか。

正直なところ、ダイビング業界で仕事をしようと思っていなければ、どのライセンスを取得しても構いません。例えば、PADIのライセンスを取得しているダイバーは、他の認定団体に所属しているショップでも潜れます。

ただ、注意が必要なのは、ライセンスのランクを上げる時です。初心者のオープンウォーターから中級者のアドバンスにランクアップするときに、認定団体を変えようとすると、追加の講習が発生する場合があります。

ただ、どの認定団体を選ぶかよりも、どのダイビングショップを選ぶかの方が重要です。認定団体の肩書きにダマされずに、自分に合ったショップを選びましょう!


次は、人気ランキングは誰が決めているの?

 1   2   3   4   5   6   7   8   9   10   11   12   13   14   15   16   17   18   20   21   22 




関連グッズ

関連記事






沖縄エリアのショップを探す

伊豆エリアのショップを探す

海外リゾートのショップを探す

首都圏のショップを探す

関西・九州のショップを探す

大人の海デートを探す