自分に合ったダイビングショップと託児サービスを探そう

ダイバーズ保険は必要なの?

ダイビング中に怪我や盗難があっても安心です

ずばり、ダイビングはトラブルや事故が多いスポーツです。

 怪我、事故、器材の故障、盗難など、いろいろなトラブルが発生します。そのため、ダイビングを楽しむときには、「ダイバーズ保険」に加入することをおすすめします。

 ダイバーズ保険とは、レジャーダイビングを対象にした「傷害総合保険」で、ケガの保証、個人賠償責任、携帯品損害、受託品賠償責任保障がセットになっています。

 日常生活でも「傷害総合保険」に加入しているのであれば、レジャーダイビングも対象になるかもしれません。あまり保障内容に変わりはないので、対象になるか保険会社に確認するといいでしょう。

 保険料が割安な傷害総合保険は、本格的な山岳登はん、ロッククライミング、趣味の航空機操縦、スカイダイビング、ハンググライダー搭乗などの危険な運動での事故は、支払いの対象外となっているものもあります。

 私も、濡れたボートの上で足を滑らせてケガをしたり、水中カメラを水没させたり、事故やトラブルにあったことがあります。おすすめのダイバーズ保険を紹介します!



【目次】
ダイバーズ保険は必要なの?
 1.PADIのダイバーズ保険
 2.エム・アイ・プランのダイバーズ保険
 3.DiveAssureのダイビング事故保険




PADIのダイバーズ保険

世界最大のスクーバ・ダイビング教育団体が提供する障害総合保険

PADIダイバーズ保険は、ケガの保証と個人賠償責任、携帯品損害、受託品賠償責任保障がセットになっているダイバー向けの保険で、損保ジャパンが提供する障害総合保険です。

保証金額に応じて、「スタンダードプラン」と「ハイグレードプラン」の2種類のプランが用意されています。

ダイバーズ保険を請求するケースは、水中カメラやレギュレーターが水没したり、ダイブコンピューターが故障したり、自分の携行品が損害を受けた場合です。一般的な損害保険に加入していない場合は、30万円の携行品損害が保証され・・・

もっと読む


エム・アイ・プランのダイバーズ保険

ダイビング以外のケガや個人賠償責任もカバーする障害総合保険

皆さんは、ダイバーズ保険に加入していますか?ダイバーズ保険は、ダイビングの怪我や事故、器材の故障や損失、遭難費用を補償してくれるものです。今回は、株式会社エム・アイ・プランが提供する傷害総合保険「ダイバーズ保険」についてレポートします。

ダイビングのときはもちろん、ダイビング以外のケガや個人賠償責任、携行品の補償もカバーしています。株式会社エム・アイ・プランは、大阪にある保険代理店で、生命保険や損害保険を取り扱っています。

 死亡・後遺障害・入院・手術・通院の補償では、岩場で滑・・・

もっと読む


DiveAssureのダイビング事故保険

緊急医療費 & 緊急搬送費、遺体の送還、事故後のフライト/宿泊もカバー!

DiveAssure協会が提供している海外ダイビングでのダイビング事故保険。

DiveAssure協会とは、スキューバダイバーのダイビング保険や医療支援を提供するために設立された団体で、海外でのダイビングや海外旅行に関するリスクに対応している。そのため、緊急医療費 & 緊急搬送費、遺体の送還、フライト/宿泊(ダイビング事故後に発生した追加費用)などの補償もカバー!

日本の「ダイバーズ保険」は、日常生活のケガやトラブルを補償する傷害総合保険を、ダイビング向けにアレンジしたものです。一方、このDiveAssure協・・・

もっと読む


【目次】
ダイバーズ保険は必要なの?
 1.PADIのダイバーズ保険
 2.エム・アイ・プランのダイバーズ保険
 3.DiveAssureのダイビング事故保険








LINEで送る



最新ニュース



トラブル・事故特集